きちんと手入れしている車は型式が古くても高く売れる

査定に影響を及ぼす簡単な傷の補修

新しく買い替える、個人的事情で使わなくなったなどの理由で中古車を処分する上で、重要なポイントとなるのが傷の補修です。買取の査定は、年式や走行距離など様々な項目から総合的に判断されます。中古車業者の多くは顧客から買取をした車を再び販売することで利益を上げているため、新品に近い状態ほど買取額も高くなる仕組みです。日常的に使用をしていれば多少の擦り傷などができてしまうのは避けられません。こうした傷も査定額に影響が出ることがあります。そのため、市販の研磨剤で簡単に補修できる程度の傷は事前に直しておくことが大切です。ただし、凹みなど修繕にお金が掛かってしまうものは、出費分でマイナスになってしまうこともあるのでそのままにしておく方がよいケースもあります。

大事に使用していたことをアピールする清掃

中古車の査定には一律の規定はなく、それぞれの会社の独自の基準で行われるのが特徴です。査定は機械ではなく人間が行うものなので、前述した自社の基準とは別に感情が影響することもあります。そこで重要となるのが事前の清掃作業です。一見それほど影響がないようにも思えますが、これには査定を行うスタッフに綺麗に使っていた大事な車を手放すという印象を与えるのが狙いになります。清掃は外装のワックス掛けを始めとした洗車はもちろん、車内の掃除機掛けなども忘れてはいけません。特に車内やシートに染みついた煙草の匂いは、買取をした後のクリーニングに手間と費用が掛かるので、査定額が大幅に下がることがあります。車内で喫煙をしていた人は消臭も大事な作業の一つです。

カーリースの審査を受けるときには、クレジットカードや携帯電話の支払いに遅延がないか、事前に確認しておきましょう。

トップに戻る