モデルチェンジ前に売りに出す

定例のマイナーチェンジの時期を把握

自動車を購入した後はそれを廃車まで乗り潰すか一定期間後に中古として売却するかを考える必要があります。もし中古で売るつもりがあるならある程度それを予定した乗り方や準備が必要で、何も決めないでただ乗っていると損をするかもしれません。各メーカーによって異なるものの自動車は定期的にマイナーチェンジが行われ、それによって以前はオプションだったものが標準でついたりちょっとしたグレードアップが行われます。マイナーチェンジ後にその前のモデルを売ろうとすると価値が大幅に下がるので注意しなければいけません。メーカーによっては定例のマイナーチェンジの時期がほぼ一定しているところもあるので、事前に情報を仕入れておきマイナーチェンジの数か月前には売却すると価値減少による損を防げるでしょう。

フルモデルチェンジ時は性能差を見る

自動車メーカーは競争が激しく毎年のように新車発売やモデルチェンジを行います。マイナーチェンジは以前のモデルを周到しながら小さな変更を加える程度ですが、フルモデルチェンジとなると外観から性能まで大きく異なり別のモデルではないかと思うぐらい変更されるときもあります。近々売却予定の車のモデルにおいてフルモデルチェンジが行われる情報があるならまずはどれくらい性能差が出るのかを確認しましょう。そして自動車評論家などがどんな見方をしているかも調べておきましょう。価値の上昇が大きいときはフルモデルチェンジが実施される前の方が割高に売却できます。一方フルモデルチェンジでありながら期待外れになりそうなときは旧モデルの価値が下がりにくいときもあり、その時はフルモデルチェンジ後でも問題ないかも知れません。

トップに戻る